ザ・定盤~バッハ編

  • URLをコピーしました!
目次

「ザ・定盤」は、山野楽器が自信をもっておすすめするCDスペシャルセレクションです。その中から、スタッフのオススメのバッハのタイトルをご紹介!!


『バッハ:チェンバロ協奏曲集』 トン・コープマン(チェンバロ&指揮)アムステルダム・バロック管弦楽団

WPCS-21114 販売価格: ¥1,100 (税込)

バッハのチェンバロ協奏曲集は、晩年ツィンマーマンというコーヒーハウスでのコンサートの際に、バッハが既存の作品をチェンバロと弦楽合奏、通奏低音のための協奏曲として仕立て直した作品群。ライプツィヒの住民たちが集ったコンサートでの演奏が目的だったので、観客の心を瞬時にとらえるようなインパクトのある旋律が特徴的です。コープマンによる弾むような演奏も、聴き手を楽しくしてくれます。

特に第1番BWV1052の冒頭のカッコよさはバッハ作品の中でも随一。バッハの器楽作品は数が多すぎてどれから聴こうか迷ってしまいますが、そんな時はぜひチェンバロ協奏曲からお楽しみください!

『バッハ:ゴールドベルク変奏曲』 グレン・グールド(ピアノ)

SICC-40052 販売価格: ¥1,760 (税込)

バッハの作品の中でももっとも知名度がある作品といえるのが「ゴールドベルク変奏曲」(ゴルトベルク変奏曲とも)。このグレン・グールドによる1981年の録音は、「ゴールドベルク変奏曲」の代名詞ともなっている歴史的名盤です。一つの美しいメロディが30種に変化するまばゆいほどの長大な変奏曲を、バッハの音楽に人生をささげたグレン・グールドによる不朽の名演でじっくりとお楽しみください。

数あるクラシック音楽の録音の中でも随一の知名度を誇る1枚です。普段はクラシック音楽を聴かれないという方でも「グールドだけは別」という方もいるほど。

『バッハ:マタイ受難曲』 
カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団

UCCA-5064(3CD) 販売価格: ¥3,190(税込)

バッハ音楽の伝道師、カール・リヒターが残した歴史に残る大名盤。新約聖書のストーリーにさまざまな宗教的テクストを加えた台本に作曲された、バッハ最大の作品を、リヒターによる峻厳な指揮で。圧倒的な説得力を持って迫る音楽史上の大伽藍をぜひ思う存分お聴きください。

約3時間という演奏時間を要する大規模な作品ですが、聴き通したときの達成感は至福。その深みに触れると、いくつも録音を聴いてみたくなること請け合いです。ぜひ、いくつも録音を聴き比べしましょう!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

Be Happy With Music
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次