ピリオド楽器オーケストラによる貴重な録音!モーツァルトの序曲集

  • URLをコピーしました!

『モーツァルト:序曲集』
マイケル・アレクサンダー・ウィレンス指揮ケルン・アカデミー
CD BIS BISSA2062(SACDハイブリッド)輸入盤

収録情報

モーツァルト:序曲集
①歌劇『アルバのアスカニオ』序曲 KV.111(1771)
②歌劇『イドメネオ』序曲 KV.366(1781)
③歌劇『フィガロの結婚』序曲 KV.492(1786)
④歌劇『後宮からの逃走』序曲 KV.384(1782)
⑤歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』序曲 KV.588(1789)
⑥歌劇『劇場支配人』序曲 KV.486(1786)
⑦歌劇『ポントの王ミトリダーテ』序曲 KV.87(1770)
⑧歌劇『偽の女庭師』序曲 KV.87(1770)
⑨歌劇『ドン・ジョヴァンニ』序曲 KV.527(1787)
⑩歌劇『ルチオ・シッラ』序曲 KV.135(1772)
⑪歌劇『皇帝ティートの慈悲』序曲 KV.621(1791)
⑫歌劇『魔笛』序曲 KV.620(1791)

マイケル・アレクサンダー・ウィレンス(指揮)ケルン・アカデミー

セッション録音:2022年9月2~4日/ドイチュラントフンク・カンマームジークザール(ドイツ)
プロデューサー:ハンス・キプファー(Take5 Music Production)

★SACDハイブリッド盤。17世紀半ば以降、序曲は大規模なオペラの前に演奏される「管弦楽作品」として定着しました。天才モーツァルトの偉大さを改めて知ることのできる序曲集を演奏するのは、マイケル・アレクサンダー・ウィレンス率いるケルン・アカデミー。当録音ではモーツァルトの傑作揃いのオペラから12 の序曲を収録。フォルテピアノ奏者ブラウティハムとのモーツァルトのピアノ協奏曲でも聴かせてくれたように、快活明瞭なアプローチによる演奏を披露。ピリオド楽器だからこそのあたたかみと響きを堪能できます。
キングインターナショナル

 モーツァルトの序曲は、ご存じのように、単なるオペラの幕開けを告げる序奏というだけでなく、それ一つで立派なコンサートピースになり得る優れた楽曲ばかり。「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」といった有名なオペラの序曲は、モーツァルトの生前から現代までコンサートで頻繁に演奏されますし、オーケストラ作品の録音にも加えられることも多いものです。しかし、序曲がまとまったディスクとなると、意外なほど少ないのです。しかもまとまった録音ではなく、いくつかの録音を寄せ集めて作られたアルバムも多く、セッションを組んでまとめて録音されることは現在でも多くはありません。ですので、こうして12曲が3日間のセッション録音で収録されたアルバムはそれだけでも貴重なものとなるでしょう。
 モーツァルトの作品はほぼすべてのジャンルにおいて、ピリオド楽器による演奏が当然のように行われていますし、モダン楽器での演奏でもピリオド楽器による演奏法を積極的に取り入れたり、参考にしたりする演奏も当然になっています。この状況においてもなお、ピリオド楽器による序曲集という録音が出ることは稀だということは実に不思議なことですが、こうしてケルン・アカデミーの録音が登場することは喜ばしいことでしょう。
 ケルン・アカデミーは、マイケル・アレクサンダー・ウィレンスが音楽監督を務めるドイツのケルンを拠点とするピリオド楽器オーケストラです。結成は1996年ですでに四半世紀を超える歴史を誇るオーケストラです。レパートリーもバロックからロマン派までに渡っており、世界初録音となるような貴重な録音も数多く残してきています。モーツァルト録音でも、名手ロナルド・ブラウティハムとピアノ協奏曲全集を録音し、世界中で高い評価を獲得しています。またセレナードやフリー・メイソンのための音楽なども録音しています。この序曲集でも、ウィレンスの指揮の下、優れた演奏家が揃ったオーケストラの巧さが存分に生かされた清冽な演奏を聴かせてくれます。また交響曲第48番と称されることもある15歳の時の作品『アルバのアスカニオ』から『魔笛』『皇帝ティートの慈悲』といった晩年の作品に至るまでの12曲をそれぞれの個性を際立たせ表現している点にも注目です。新しいモーツァルト録音の定盤になり得るすばらしい録音です。(山野楽器スタッフ)

ちなみに…

ケルン・アカデミーの音楽監督、「マイケル・アレクサンダー・ウィレンス」は、ケルン・アカデミーとともに長くドイツを中心に活躍していることから、日本ではドイツ語読みに近い「ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンス」という表記がされていますが、1952年にアメリカのメリーランド州で生まれ、ジュリアード音楽院でジョン・ネルソンに師事、その後、タングルウッドでレナード・バーンスタインにも学んでいるということですので、ここでは英語表記になっています。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

Be Happy With Music
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次